トリプルガラスサッシが入りました。

夏、窓からたくさんの熱が入ってきます。
冬、窓からたくさんの熱が逃げていきます。

だから、まずは窓の性能を高めなければだめなのです。

熱は窓から・・・

熱は窓から・・・

window01

既存住宅を含め日本の住まいの80%以上がシングル(単板)ガラスサッシ。その熱損失量6.5W。埼玉の新築住宅のおよそ60%強で採用されるペアガラスサッシ。でもサッシ枠はアルミという無意味さ。その熱損失量4.07W。LOW-Eガラスという高性能ガラスが入ってても。普通のアルミ製ペアガラスサッシの熱損失量は4.65W。高額なハウスメーカーさんや高断熱を宣伝する業者さんで、アルミ樹脂複合サッシ。その熱損失量2.33W。お隣韓国でぎりぎり建てることが許される最低基準です。そう、日本の家は韓国や中国以下の断熱性能。とっても寒い。

ここで採用したのが、
世界レベルの窓も可能


樹脂製トリプルガラスサッシ。世界では当たり前だけど、埼玉ではほぼ誰も採用しない高性能窓。世界では高性能窓とはいわれていません。だって当たり前だから・・・

YKKさんのAPW430トリプルガラスサッシの欠点。それは種類が極端に少ないこと。そして極めつけは日本ではなくてはならない引き違いの窓が無いんです。

なのでここのリビングの掃き出し窓には、こちらを採用。

真空トリプルガラスサッシ

真空トリプルガラスサッシ

cozy06

真空トリプルガラス窓

真空トリプルガラス窓

そしてトリプルガラスの欠点。重いこと。ガラスが三枚なのだから当たり前といえばそうなのですが。そこで採用したのがこれ。

サポートハンドル

サポートハンドル

てこの原理で開け閉めをサポートしてくれます。これなら子どもさんでも大丈夫。

「結露しない家」には欠かせない樹脂窓。冬暖かく、夏涼しい家はしっかりと学べば簡単につくれますね。