結露しない家の工夫と効果

,

本当のローコスト住宅の見極め方

「ローコスト住宅」と単純に聞くと、価格を抑えた住宅ととらえがちだが、果たして真のローコスト住宅とは何か?考えてみよう。 そもそも家にはどんな費用がかかるのか? 家を建てるときにかかる費用はイニシャルコスト、つまり建築費、家を建てた時に工務店やビルダーに直接払う費用だ。 次に、住んでからかかる費用には、ランニングコストとライフサイクルコストがある。ここがミソだ。 ランニングコストには光熱費が一番に上げられる。断熱性能や気密性能を高くし、省エネの給湯器・エアコンといった冷暖房機器を採用すれば光熱費は大きく下がる。当然高性能なだけに初期コストは高くなる。電球やフィルターの交換、水栓金具のパッキンなどあまり性能に関係しないものはこちらに加える。 また、ライフサイクルコストとは外壁の塗り替え費用やアフターメンテナンスの費用、給湯器や冷暖房機器、システムキッチン・お風呂等の換気扇、水栓金具、網戸の交換、内装の張り替え、雨樋の交換といった細々としたものを含む、それぞれの耐久性によって変わってくるものの費用の総計のことである。当然こっちも高性能なものは耐久性が高くなるので価格は高くなる。 そう、真のローコスト住宅とは3つのコスト、イニシャルコスト・ランニングコスト・ライフサイクルコストの総計が一番低くなる住宅のはずである。 ところが実際には、“家なんてどこで建ててもそんなに変わらないはず”との思いから、出来るだけ価格は低い方がいいと、広告宣伝に「ローコスト住宅」とあるとどうしても目がいってしまう。ここに注意が必要だ。工務店・ビルダー・ハウスメーカーといった建築業者がローコスト住宅といった場合、“建てるときに如何に費用を抑えるかに特化した住宅”という意味で使われていることが多い。 家を建てるときにコストを抑えるとは・・・ 耐震性能:最低限建築基準法といった法律を守るレベルの耐震性能に抑えて、構造用金物や構造材の費用を抑える。 省エネ(断熱)性能:断熱・気密・換気といった省エネ性能に関する工事はしっかりとした工程と技術・経験が必要で専門業者による工事が望ましいが、法律の定めがないのでコストを抑えるには、工事を大工さんに任せ、工程と費用を出来るだけ抑えてフラット35(旧住宅金融公庫)の基準に達すればいいほう。 メンテナンス性能:今の工事費用を如何に抑えるかが大切だから、将来の維持管理や音のことは余り考えず、工程を短く、配管は最短距離で手間を少なくし、配管も音への配慮がないコストの安いものを使う。 住宅設備:システムキッチンやユニットバス(お風呂)、洗面化粧台、トイレ、給湯器なども、どれも新品の時は見た目に大差がない。逆に大差はないが住設メーカーさんのショールームに行くと様々なグレードのものが展示してありその価格差も100万円単位で変わってくる。20年で入れ替えれるくらいの価格差があるのでここは価格勝負で問題ない。ホーローやステンレスといった素材そのものの違いは10年単位のスパンでは顕著に出てくる。コストにこだわるなら機能やデザインではなく素材にすべし。 外装:外装の中で一番多いサイディングだが、塗装の種別により価格が数十万円単位で上がっていく。親水性や光触媒、フッ素といったものは通常のものより5~15年ほど色持ちがいい。塗り替えスパンが長くなるが注意すべきは継ぎ目につかうコーキング。こちらは通常5~8年ほどで増し打ち等の検討が必要なものである。いいものを使うときはこのコーキングもいいものを使わなければ意味がない。さらに塗装持ちのよい金属サイディング、左官壁、タイル壁とコストが上がっていく。タイル壁になれば塗り替え等は不要だがコストも2回塗り替える以上に跳ね上がると思った方がいい。一番安いサイディングはコスト通り早々に見た目も悪くなることを覚悟しておくべきである。 内装:如何に早く安く仕上げるかに着目すれば、石膏ボードの上に量産クロスと言われる少し厚手の、柄のほとんどないビニールクロス貼りとなる。大工工事費も抑えるため、壁厚を利用した収納や飾り棚(ニッチ)等はないものと思うべし。工場にてほぼ加工も済ませた建材を使うことで大工技量の必要のない工事とすることで、工務店では現場を任せられない未熟大工に工事を任せることでコストを抑えているので、造作を伴う工事やほんの少しの特別工事は別の大工の手配をしなければいけないといった目に見えないコストUPとなる。珪藻土や漆喰といった左官壁やタイル、板の壁は機能・デザインに優れているが、コストは上がる。多少なりともデザイン・機能を求めたとき、それらが得意な地元のビルダー・工務店の方が一気にイニシャルコストが安くなる。自然素材などはもってのほかである。 アフターメンテナンス:こちらはどこで建てたかが一番大きく変わってくるところだろう。ある大手ハウスメーカーは50年保証とか宣伝しているが、キッチンの水栓を取り替える数千円程度の工事でさえ、自社のものを使わないと規定違反になり保証が切れてしまうそうである。地場のビルダー・工務店なら数千円程度の工事だがハウスメーカーでは数万円の工事になったことはいうまでもない。外装の塗り替えになるとその価格差は唖然とするほどである。本当にコストを比較するならリフォームの価格で比較するのがいいのかもしれない。なんだかんだいっても、一番のローコストは工事をする地元の職人に直接頼むことだろう。長期的な維持管理の視点から言えば、地元の職人(工務店・ビルダー)による家守りがグッとお得に感じるはずだ。 どうだろうか。赤字で書いた部分に耐久性を加えたものが、ランニングコスト・ライフサイクルコストにかかる費用である。さらに費用だけでいえば、省エネ(断熱・気密・換気)性能が大きく関わってくる。 これを読まれている方の多くは、「冬は寒くて当たり前、夏は暑くて当たり前」 だと思ってないだろうか?だから「家なんてどこで建ててもそれほど変わらない」と思われるのであろう。ところが全く違うのである。1970年代に起こったオイルショックを機に、セントラルヒーティング、全館暖房が当たり前だった欧米では光熱費が高騰し危機意識が高まり、住宅の省エネ化、つまりは高断熱・高気密・高効率換気・高効率給湯が一気に進んだ。一方日本ではオイルショックが起きたときも問題になったのはトイレットペーパーで、暖房も間欠暖房・個別暖房であったため省エネ化に見合う建築コストの上昇は受け入れられず、そもそも住宅の耐震化をまずは目指す段階にあった。欧米ではもう50年近く住宅の省エネ化・高断熱化に取り組んだ結果、全館暖房で半袖でいられるほどの室内を10帖用のエアコン程度のエネルギーで実現できるほどになった。そう、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせる家が当たり前に出来るのである。 …
,

発表、「結露しない家」の価格

「結露しない家」は、ただただ初期コストを抑えることに特化したローコスト住宅とは違います。 入居してからかかる光熱費まで含めた家づくりのトータルコストだと、最初だけが安いローコスト住宅より結果としてローコストになる究極のローコスト住宅です。…
, , , ,

地熱と小屋裏の空気循環で床下暖房

「結露しない家」では、省エネでエコな暖房として「パッシブデザイン」と相性のいい、自然現象を利用した床下暖房システムをオススメしています。 花粉を95%除去できる 全熱交換型第一種換気設備 に組み込まれた、「エコエアーシステム」です。 …
, , , , ,

花粉症対策された家-家は換気が大切

これから始まる、いや~な季節。そう 「花粉症」 です。 洗濯物も外に干しにくくなって、でも部屋干しはニオイのことやしっかり乾かない、部屋がごちゃごちゃして見える・・・etc、なんてお困りですよね。 …
, , , , , ,

超省エネほかほか!30坪の体感モデルハウス

車庫仕上げ等すこしだけ仕上げ工事が残っていますが、2月11日 より公開致します。 大通り沿いではありますが、数々の工夫で、室内はまったくそれを感じさせない造りとなっています。上の写真のテラスに配した壁もその一つ。室内からは通りが見えず、音も聞こえず、きれいな空だけが見えるので、とても広がりを感じるのです。 …
, , , ,

冬なのに暑すぎる!?世界標準の暖かい最先端住宅

1月29日に、モデルハウスのシンボルツリー「ヒメシャラ」を植えるので、向きや位置等を指定するのに行って参りました。 植木屋さんがいろいろと作業している間、モデルハ…
, , ,

長期優良住宅化 「リフォームでも全館暖房」のススメ

長期優良住宅化リフォームの補助金を受けて、省エネ効果を高めるため規定以上にたくさん行った省エネ改修工事。 新築住宅でもまだまだ普及していない、2020年には義務化の予定の、北海道地域の次世代省エネ基準以上の断熱性能。今では平成25年基準といっていますが、つまりは低炭素に生活できる高断熱住宅のこと。…
, , ,

土地から探して理想の暖かい家を建てました!

埼玉県鶴ヶ島市 T様邸 2015年、平成27年12月中、お施主様のご厚意にて事前申し込みによる見学希望者のみ内覧頂けます。 場所は圏央道と東武東上線に隣接した立地で、若…
, , ,

未来を先取り!2030年住宅

COP21で世界に公約。「ZEHを2020年に標準化する!」 2020年には新築住宅のおよそ半分をZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)にし、2030年にZEHを義務化すると、かねてから日本は言ってきました。現在の新築住宅のおよそ15%がZEHと報告されていましたが、実際昨年までは「ローン0円住宅」などの太陽光発電による売電収入を主な目的とする住宅建築は、圧倒的な創エネルギー住宅なので余裕でZEHをクリアできたことで、表面的には普及率が上がりましたが2015年度はだいぶ減っているように思われます。 …
, ,

内部造作下地+システムキッチン搬入

木工事:大工さんの仕事もそろそろ終盤です 大工さんがヒノキの板張りをどんどん進めています。とってもきれいな板目です。 リビングの壁一面と、照明部分の天井、玄関の一面、ゲストルームの一部、主寝室の腰板と一部天井、洋室の一部分と適度に木の香りがするデザインとしています。 …
, , ,

屋根勾配なりの大空間LDKの家

白を基調としたすっきりデザインのシンプルインテリア まるでショールームのようにすっきりとした室内&収納。大容量の収納空間は「これから」に備えたもの。 ダイニング…
, ,

結露しない、暖かさが続く家の秘密

暖かさ・涼しさが続く 熱は必ず温かいところから冷たいところに移動します。だから冬は家の中の暖かい空気は外の冷たい空気へ移動し、夏は冷やされた室内へ向かって外の熱気が入ってきます。 …
,

耐震設計・省エネ(断熱)設計

住ま居るが建てる全ての建物の構造・省エネ(断熱)計算は全て代表が責任を持って、1邸1邸個別にしっかりと時間をとって丁寧に行っております。建築の世界では、特に大規模建築物は意匠設計(デザイン)と構造設計は分かれてそれぞれ別の設計事務所・設計者が行うことが普通です。建築意匠設計者と構造技術者との接点が無いままに建築意匠設計が先行し、大略完成した時点で構造計算が後追いする事例が多いのです。東京オリンピックのメーンスタジアムも意匠とコストと同じような構図ですね。どうしても意匠(デザイン)先行で、デザインをする設計者に構造に対する意識が少ないのです。 …
, ,

現在採用している断熱・健康仕様と省エネ設備

建て主様がご要望される理想の住まいを形にし、大開口や大きな吹き抜け空間、自然素材による内装仕上げ、インテリアデコレーション、住宅設備器機までご提案いたします。 システムキッチンやシステムバス、システム洗面化粧台他、住宅設備器機は各メーカーをお取り扱いさせていただいておりますので、各メーカーさんのショールームにて足をお運びいただき、理想の設備器機を導入していただくことが出来ます。 性能を決める大きな要素、大切な仕様 窓・サッシ・玄関ドア …
,

暖かく涼しい家を建てるなら・・・

省エネ住宅についてもっと詳しく知りたい方は、省エネ住宅の教科書をご覧下さい。 先進国では当たり前の” 暖かい家 ”。日本では” 寒すぎる家 ”が普通だから、いまいちピンときません。 …
, , , ,

太陽光パネル

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)仕様に欠かせない太陽光発電システム。 住ま居るの太陽光発電システムが一番重視したのは「雨漏りしないこと」。 発電量ももちろん大…
, , , , , ,

内装下地・床暖房(無垢フローリング)工事

「結露しない家」は無垢フローリングが基本 「健康にいい家と、そうではないと家とどちらに住みたいですか?」 内装仕上は、生活する家族の肌が直接触れ空気も直接触れるものです。呼吸を通して身体に取り込まれる空気は1日で20kg、お弁当のタッパーの中に少しでも薬品が入っていたら、その臭いでお弁当は全部食べられなくなるでしょう。今の普通の家は化学薬品だらけです。しかも気密性が高い、これって危険だと思いませんか?みんなが健康で楽しく暮らせる家。これって幸せな家の基本ですよね。 …
, , ,

外張り断熱工事+UB設置

11月2日(月)ユニットバス(UB)工事が入りました。 設置されたら見ることは出来ないUB。一つ一つ丁寧に組み立てていきます。 断熱材にくるまれているのがわかります。この…
, , , ,

吹き付け断熱工事

10月26日に吹き付け断熱工事にメーカーさんが来てくれました。 住ま居るがいつもお願いしているのが、こちらのフォームライトSL。マシュマロ断熱。 断熱専門業者さんだか…
, , , ,

電気配線+第1種全熱交換換気システム設置

外部を決めたらいよいよ内部の吹き付け断熱の準備をしなければいけません。 吹き付け断熱は壁の間を全部断熱材で埋めてしまうので、あらかじめしっかりと計画した電気配線をしておかなければいけません。 …
, , , ,

樹脂窓トリプルガラスサッシ搬入

トリプルガラスサッシが入りました。 夏、窓からたくさんの熱が入ってきます。 冬、窓からたくさんの熱が逃げていきます。 だから、まずは窓の性能を高めなければだめなのです。 既存住宅を含め日本の住まいの80%以上がシングル(単板)ガラスサッシ。その熱損失量6.5W。埼玉の新築住宅のおよそ60%強で採用されるペアガラスサッシ。でもサッシ枠はアルミという無意味さ。その熱損失量4.07W。LOW-Eガラスという高性能ガラスが入ってても。普通のアルミ製ペアガラスサッシの熱損失量は4.65W。高額なハウスメーカーさんや高断熱を宣伝する業者さんで、アルミ樹脂複合サッシ。その熱損失量2.33W。お隣韓国でぎりぎり建てることが許される最低基準です。そう、日本の家は韓国や中国以下の断熱性能。とっても寒い。 ここで採用したのが、 …