気密って?

高断熱と聞くと、断熱材がいっぱい入っている家なんだなと容易に想像でき、それもいいかもな~と思うことでしょう。いやいや、そこまでやんなくていいよ、と言われるかもしれません。
しかし、高気密って聞くと、なんか息苦しそうなそんなイメージがつきまといますね。だけどよ~く考えてみると、暖かいセーターを着てても北風に吹かれれば一瞬で寒くなってしまいます。だけどセーターの上にウィンドブレーカーを羽織れば、北風が吹いても今度は全然寒くなくなります。このように、断熱と気密は切っても切れない関係にあるのです。どんなに部屋を暖めても、すきま風がピューピュー吹き込む家は決して暖かくなりません。温めた熱を逃がさないためには、気密は避けて通れないのです。

それでも春や秋など、心地の良い風が通り抜ける季節は、気密性の高い家って、息苦しそうですよね。また、蒸し暑い日本の夏には、家は気密じゃない方が涼しそうだと思いますよね。確かに冬は気密の方がいいと思うが、夏はどうするんだ!というのが多くの建築家の意見です。
そこで回答です。家には、家の気密性を一気に解放してくれる機能があるではありませんか!

そうです、窓です。どんなに気密性の高い家も、窓を開け放てば一気に解放されます。高気密・高断熱は通風を無視するものではありません。

換気の必要性

また、気密とセットで考えなければならないのは換気です。「断熱」・「気密」・「換気」この3点セットで考えないと話はうまくありません。高性能住宅のお話をすると真逆の考え方にとりつかれている多くの方がいらっしゃいます。
「断熱があって暖かいのはいいけど、気密って・・・。気密が高いから換気が必要で、全館冷暖房で、まるで空調に支配された家って感じだね」
「一年中快適な家って、冬の寒さも夏の暑さもあまり感じないということでしょう?身体がやわになりそうだね」
野球部が練習中に水を飲んではいけないというのと同じくらい、そういった考えの方が未だに多くいます。一つづつ解決していきましょう。

ヒートショック・熱中症

「高断熱・高気密の家は空調に支配されているようだ」と思われている方は大きな勘違いを犯しています。「断熱・気密が高くなればなるほど、空調は小さくなります」
日本では、冬が来れば暖房するのが当たり前になっています。暖房が先に来て断熱・気密が後になっているのです。こんな状態では、大きな熱で暖房しないとだめだから、「快適」は「贅沢」となってしまいます。私たちが「快適」という言葉に罪の意識を感じるのはそのためでしょう。そこで出てくるのが「我慢」です。出来るだけ「暖房」「冷房」しないで寒さ・暑さを我慢するのです。「省エネ」を「節約」だと思っているのは私だけではないはずです。今や19000人以上がその「我慢」の結果、ヒートショックで亡くなっています。数え切れない方が、熱中症で亡くなっているのです。身体がやわになっているから亡くなっているのですか?いいえ、家が暑すぎて、寒すぎるから亡くなっているんです。今や日本の家は凶器ですらある!とある先生はおっしゃています。
我慢するより、断熱・気密という知恵を使って、空調を小さくして快適にすればいいのです。そう、断熱・気密を先にやって、あとで足りない分を空調する方がよっぽど賢いのです。
ご理解いただけたでしょうか?

熱はどんどん逃げていく

暖まった室内も、涼しくなった室内も、ほうっておくと熱はどんどん外へ逃げていきます。屋根(天井)・窓・壁・床、どこからでも逃げていきます。そこで「断熱」「気密」が必要なのです。そして「換気」です。家の中と外の空気を入れ換えることを換気といいます。その換気によっても多くの熱が逃げていきます。

「じゃあ換気なんてしなければいいではないか!」と思われるかもしれませんが、換気は絶対に必要なのです。下手をすると死んでしまいます。必要以上の換気はいらないけれど、最低限の換気は決まっています。それ以上の換気は熱を捨てているだけともいえます。この換気をうまくコントロールするのに必要なのが「気密」なのです。

日本家屋の代名詞:すきま風

日本の古い家につきもののすきま風。冬になるとこれをふさぐテープがホームセンターでたくさん売れるそうです。このすきま風はとってもたちが悪い。量をコントロールすることが出来ないし、冬には大量の熱がそこから逃げていってしまいます。そこで「気密」がものをいうのです。隙間を出来るだけなくしておいて、人為的に換気をコントロールしたいのです。これが気密の役割です。

家の中はエネルギーに溢れている

断熱性の高い家になると、家の中の人やものから、日射までもがエネルギー源になってきます。人は1人で100Wぐらいの熱を放っているし、テレビ・冷蔵庫・暖房便座・照明・・・電気を使うものはたくさん熱を出しています。日射は大きな掃出しの窓だと1000Wのヒーターと同じくらい熱が入ってきます。冬はいいけど夏は困りますね。夏は日射を入れない仕組み、熱を出す仕組みがあればそれで事足りてしまいます。よしずやすだれです。どんな高性能な窓やガラスよりも、熱が入る前で遮断してしまえば熱はほとんど入ってきません。

換気って?

生活していれば水蒸気や汚染ガス、ホコリや臭い、細菌、化学物質等が必ず発生します。そこで外気を室内に入れて、室内の空気を外に出すのが換気の働きです。
換気でも、換気扇のような機械で行う換気を「機械換気」、機械を使わないで行う換気を「自然換気」といいます。すきま風もこの自然換気にはいりますが、すきま風は換気ではありません。換気とは空気の流れをコントロールすることであって、風任せで入ったり入ってこなかったりするすきま風は換気とは呼べないのです。空気の流れをコントロールするとは、空気の入口と出口をはっきりさせて、必要な量の換気をすることです。

必要な換気量とは?

炭酸ガス濃度を1000ppm以下に抑えるためには一人当たり20~30㎥/時の換気が必要とされています。
炭酸ガスの許容濃度=1000ppm=0.001L

  • 新鮮空気の炭酸ガス濃度

    =350ppm=0.00035L

  • 就寝中の一人当たり炭酸ガス排出量

    =13L/時・人

  • 生活時の一人当たり炭酸ガス排出量

    =20L/時・人

必要換気量=炭酸ガス発生量÷許容濃度

  • 就寝時の必要換気量

    =0.013÷(0.001-0.00035)=20㎥/時

  • 生活時の必要換気量

    =0.020÷(0.001-0.00035)=30㎥/時

一人当たりの必要な換気量が算出できるのですが、日本では家の体積当たりの換気回数で必要換気量が示されます。0.5回/時が基準となっていて、それより多くの換気が求められます必要な換気量ではなく、一元的に定められた量です。

6畳の部屋に一人いるとき

炭酸ガス濃度を1000ppmにするのに必要な換気回数は、1.16回/時

10畳の部屋に一人いるとき

炭酸ガス濃度を1000ppmにするのに必要な換気回数は、0.70回/時

24畳の部屋に一人でいるとき

炭酸ガス濃度を1000ppmにするのに必要な換気回数は、0.29回/時

家全体で見れば、6畳間と8畳間は必要な換気量が足りなくて、24畳の部屋は換気量が多すぎることになります。個別の計算ではなく、家全体としているところが日本の特徴です。

気密にするから換気が必要?

気密にするから換気が必要、気密じゃなければ換気はいらない、こんな順番で考えていると換気も気密も理解できません。

建築家の誤解

とても使いやすいプランやデザインは無限に創造できます。しかしそれが「暑さ」や「寒さ」が犠牲となって設計を不自由にしているならとってももったいない話です。断熱・気密が施工を大変にして、自由で開放的なデザインの邪魔になると考えている建築家ほど、部屋を小さく仕切って家の通風を考えないし、夏は涼しいけれど冬はどうしようもなく寒い家をプランニングして、冬の寒さは床暖房をすれば大丈夫と言い切ります。断熱・気密が先に立って設計すれば、それこそ自由に設計できるのに、まだまだ私たちの側が勉強しないといけません。

ほぼ毎日(お盆もGWも)“無料相談会”やってます!

お子様連れでも安心してご相談できます。時間は8:00-21:00の間でご都合の良い時間帯で約1時間~2時間、建物・土地・お金・会社のお話などをしていきます。

FreeDial:0120-953-450

携帯・PHSからもOK!受付時間 9:00~18:00

プレミアム住宅の無料体感モデルハウス!

お子様連れでも安心してご見学できます。時間は10:00-18:00の間でご都合の良い時間帯で約1時間~2時間ご見学・体感頂けます。卓越した調湿性能で選別した自然素材の快適な住み心地のプレミアム住宅です。ブラックウォールナット・桧・杉・タイル・デニム畳の床材、床暖房、HEMS、V2H、青森ヒバ仕上げの浴室、全館冷暖房なのにエコで省エネな仕組みがご覧頂けます。