今回は坂戸市に新築されたT様ご夫婦を訪ね、お話を伺いました。

住ま居る:真夏の暑い時から工事が始まり、この晩秋ついに完成しましたね。今日はお家へのこだわりを聞かせてください。
早速玄関から。いいですね、この石を貼ったような玄関まわり。

ご主人様

カタログを見ているときに目に入り、これいいなぁと。ポーチまわりに貼ってもらいました。これは石ではなくセラミックなんですよ。

ご主人様

住ま居る:しっかりとした重みを感じますね。そして玄関に入るとシューズクローゼットが。これはどなたのご希望ですか?

ご主人様

妻です。

ご主人様
奥様

いちいち外から室内に物を持ち込むんじゃなくて、靴のまま入れて細かい物から長い物までスッキリと収納したいという希望でした。

奥様

住ま居る:かなり広くて十分な収納力でしょうね。さて、それではリビングにお邪魔します。目に入る物すべてにこだわりを感じるのですが、ここは外せないというところはどこでしょう?

ご主人様

全部です(笑)

ご主人様

住ま居る:やはり吹き抜けは絶対?

ご主人様

そうですね。陽の光が入るところは吹き抜けにしたかった。もちろんシーリングファンは付きものでしょう。

ご主人様

住ま居る:白が基調のお家なので、この吹き抜けでさらに家中が明るくなりますね。梁の色もバッチリ決まってます。

ご主人様

壁の白と梁のダークブラウンのコントラストを強調したかったんです。

ご主人様

住ま居る:リビングにも玄関と同じセラミックを?

ご主人様

これも絶対やりたかった。

ご主人様

住ま居る:なんだか薪ストーブを置きそうな感じですね。

ご主人様

ここはテレビを置くことになっています。

ご主人様

住ま居る:そしてふり返るとキッチンになっていますね。キッチンまわりはやはり奥様が?

奥様

とにかくアイランド型のオリジナルキッチン。それが一番の希望でした。そしてパントリーがあること。

奥様

住ま居る:真っ白なタイル貼りで、完全なオリジナルキッチンですね。高さも奥様に合せて作られてあるわけですよね。世界に一つだけのキッチンになりましたね。隣のカウンターも広いですね。

奥様

電子レンジから炊飯器からほとんどの物が置けますね。

奥様

住ま居る:階段下のPCコーナーはどなたが?

奥様

そこも私です。机代わりに有効活用できないかと。本当は小窓が欲しかったのですが...

奥様

住ま居る:階段の勾配がありますからねぇ。でもしっかりと有効活用していますね。この隣は洗面所・浴室ですね。ここはガラッと雰囲気が変わりますね。

ご主人様

ホテルみたいなイメージです。ここだけは色が逆転していて、壁が濃い色で、洗面台・浴槽が白です。

ご主人様

住ま居る:あぁ、確かにホテルみたいですね。洗面台はキッチンと同じくタイル貼りのオリジナルになっています。ここはご主人の好みで?

ご主人様

そうですね。コントラストが効いているのが好きなので。

ご主人様

住ま居る:では続けて2階へ。2階は子どもさんの部屋ですね。2部屋あって、それぞれドアの色が違いますが、これは何かワケがあるんですか?

ご主人様

子どものラッキーカラーで塗り分けています。緑と黄色と。

ご主人様

住ま居る:それはおもしろいですね!いいアイデア。ここは全体的に杉板に囲まれていますね。

ご主人様

子ども部屋なので健康的な部屋にしてもらいました。家具を置かず、部屋を広く使えるように机も収納も造り付けです。

ご主人様

住ま居る:一部屋一部屋、いろいろな思いの詰まったお家が完成したんですね。では締めくくりに最もこだわったところを1つ挙げてください。

ご主人様

リビングの石貼り。

ご主人様
奥様

オリジナルのキッチン。

奥様

住ま居る:きっとそうだと思いました(笑)本日はありがとうございました。