モデルハウスのHEMS集計値をレポート

2015年7月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:34,607円(発電量:932.7kWh、使用電力量:465.3kWh) 梅雨に入りました。経験上、今月若しくは10月・11月の秋雨の時期が一番発電量が減るときですね。 2013年7月の売電…

2015年6月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:37,348円(発電量:977.0kWh) 梅雨に入りました。経験上、今月若しくは10月・11月の秋雨の時期が一番発電量が減るときですね。 2013年6月の売電収入:35,981円(発電量:…
, , ,

長期優良住宅化リフォーム 驚きの報告

電気料金の請求がきてビックリ 長期優良住宅化リフォーム事業による工事が完了し、入居してから一ヶ月が経ち電気・ガス料金の明細書が届きました。 長期優良住宅化はもち…

2015年5月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:49,550円(発電量:1268.7kWh) よく分かりませんが、年々発電量が減ってきているように感じます。天候のせいなのか、モジュールやパワコンのせいなのかわかりませ…

2015年4月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:36,040円(発電量:972.2kWh) HEMSのデータを集計して丸二年が経過しました。5年分くらい集計できるといろんな事が分かるんだろうな~と集計データをみていると思いま…

2015年3月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:43,225円 3月に入ると給湯機の凍結の心配が少なくなりガスの使用量が減ってきます。3月も夫婦共働きと幼児1人の3人家族が1ヶ月生活しました。全館(家中)20℃、湿度が概ね50%を下回らない室内環境を維持しています。 今回ご報告するのは、「体質改善」です。 2月・3月と一番寒さの厳しい期間をモデルハウスで過ごすと、多くの「気づき」がありました。 まず、「静電気」に一度も悩まなかったことです。毎年冬になると「バチッ」ときていたのが、一回もなかったことです。しかも静電気除去用の様々なグッズ、金属に触れる前にタッチすると光るものや、ブレスレット、ハンドクリームをいっぱい塗ったり、静電気を感じない手袋なども着用するほど「静電気」に悩まされていたのが、今年は全く必要を感じずに終わったことです。乾燥は家が一つの原因だったのかもしれません。家が適湿だと静電気も起こらなくなるのだと思います。 次に、夜寝ているときに「マスク」をする必要がなかったことです。毎年この時期になると、夜寝ているときにマスクをしないと、のどがからっからに渇き、苦しかったのですがそれもマスクをせずに快適に安眠できました。 のどと同じく不快だったのが、乾燥肌のかゆみです。昨年は人工繊維(ユニクロのヒートテック)の肌着を着て寝たとき、肌が痛くてかゆくて一晩寝れない日があり、全身にクリームを塗っていたほどですが、今年は一度もかゆみを感じずに安眠できました。 そして、乾燥肌の続きですが、リップクリームを一度も塗らずに一冬が終わったこと、ハンドクリームも一度も塗らずに一冬終わったことです。毎年恒例だったのですが、車に1つ、会社に1つ、自宅の寝室に1つ、バッグに1つと持ち歩き、唇が乾いたなと思ったら塗るのを繰り返していました。今年は昨年の残りのリップがまだ車に残ったままです。 ハンドクリームも、乾燥肌対策として気がつく度に塗っていたのですが、会社の机に昨年のが残ったまま、減らずに置いてあります。 そして最後に、子どものアトピーなのか何か分かりませんが、昨年までは「かゆみ」「かきすぎ」による出血等見ていてとてもかわいそうだったのですが、今年は多少かゆみを訴えることはあっても、かきむしるほどではなかったことです。 多分これら全ては、「乾燥」が原因だったのだと今は確信を持っています。 今年は会社も湿度を気に掛け、50%前後を保つようにしていたこともありますが、一番は、就寝を含めほぼ半日いる家の室内環境が大きいということです。高気密・高断熱で、冬寒くない環境を造り、自然素材の内装で湿度を適度に維持できることが大きいのだということです。毎年たくさん購入していたマスクやリップクリーム、ブレスレットやハンドクリーム等々、節約になったことはいうまでもありません。なにより、それらの必要を感じないくらい「快適」な生活が送れたことです。 2015年3月 電気総括 2015年3月 水道・ガス総括 2015年3月 買電力量 …

2015年2月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:38,008円 2月も外部が氷点下になる季節ですので給湯に掛かる消費エネルギーが非常に増える月です。 そして、始めて丸一ヶ月、実際に夫婦と幼児の計3人の家族が生活した実績が計測できました。今月はそこを含めてご報告させて頂きます。 2015年2月 電気総括 まず2014年2月と比較してみます。 2014年2月 買電量/207.7kWh : 当然ながら増えています 発電量/1034.9kWh : 発電量は少し増えています。機器の劣化よりも日照量の方が影響が大きいのですね 売電量/939.9kWh : ほんの少しだけ減っています。日中は余り家にいないから関係なさそうです 使用電力量/302.6kWh : 大分増えました 買電量で643.8-207.7=436.1kWh 発電力量で1044.4-1034.9=9.5kWh 売電量で901.9-939.9=-38.0kWh 使用電力量で786.2-302.6=483.6kWh 深夜電力使用量からEV(日産リーフ)への充電が 343.8kWhなので、実使用量の比較は786.2-343.8=442.4kWh 世帯別利用量の目安が300kWhなのですが、ほど遠い数字ですね。この使用量を増やしているのが、どうもガスと電気のハイブリッド給湯機、リンナイさんのエコONEのようです。100リットルの貯湯タンクがあるのですが、浴槽にお湯を張ると一気に全部使い切ってしまって、使用後にしばらくすると再度貯湯タンクにお湯をつくるのですが、どうもそれが電気を使っているようです。電気なのでCOP3.0ぐらいで効率はいいのですが、電気は使っています。また、花粉症の季節ということでずっと空気清浄機を回していました。妻は夜12時位まで照明を落とさずにテレビを見たりし、夫は朝5時に起きてパソコンのスイッチを入れてしまうので、寝室の照明と27インチのiMacの消費電力がいけなかったと思います。 2015年2月 水道ガス総括 2014年2月は、水道が3.2㎥、ガスが21.2㎥です。ガスの使用量が多いのは、凍結防止で循環パイプにお湯が流れているためです。 ということで、2015年度はどうせ循環パイプにお湯を流すガスを使うなら、床暖房をつけてしまおうと、夜間(21:00~5:30)床暖房を運転しました。それが良かったのか、夜寝る前の無暖房の寝室の室温が20.2℃、翌朝18.2℃と、布団の中が暑すぎるくらいの、全館暖房の状態となりました。無暖房の寝室と同様、トイレも脱衣室も浴室も1Fはほぼ同じ室温です。2Fは1Fより暖かく朝方も21℃となっています。 水の使用量が、12.0㎥となっています。12.0㎥÷28日=0.428㎥、お風呂が250リットル+シャワー50リットル/1人として、350リットル=0.35㎥。0.428-0.35=0.078㎥。トイレで一回流す量が5.7リットルとして、0.078÷0.0057=13.7回/日。つまり子どもと合わせ3人だと、4.56回/一人と妥当な数字だと算出されます。 お湯を沸かすエネルギー量を計算すると、水道水の温度が6.5℃(東京都水道局の2月の平均水温)としても、お風呂の給湯温度を44℃とすると、モデルハウスの大きな浴槽(250リットル)に、37.5℃の温度上昇をするとなり、一人につきシャワーで50リットルで、二人の大人と幼児ではプラス100リットル増えたとして、必要なエネルギーは、350×37.5=13,125kcalも必要になります。1kcal=4184Jなので13,125×4184=54,915,000J=54.915MJも一回お風呂に入ると使っています。それが28日間だから、54.915MJ×28=1537.62MJ/100MJ≑15.38㎥/LPG となるので、ガスの使用量がわかります。 ガスの使用量を見ると、49.1㎥なので、49.1-15.38=33.72㎥が暖房と調理で使ったガスです。一昨年の凍結防止で使われたガス量を見ると21.2㎥も使われています。33.72-21.2=12.52㎥が実質増えた暖房使用量といえるでしょう。 今度はそのガスの使用量を電気の使用量に置き換えてみると、33.72×100MJ=3372MJ/3.6MJ=936.66kWh もし暖房をエアコン(電気)ですれば、モデルハウスのエアコンの暖房COPは4.17なので、936.66÷4.17=224.63kWhとなります。仮に電気料金を29円/kWhとしても224.63×29=6,514.3円 と金額だけ見れば破格となります。モデルハウスはガスのファンコンベクションです。金額だけ見ればエアコンのほうが圧倒的に有利ですね。モデルハウスは「災害に強い家」ということで、災害時に強いLPガスも併用採用しています。災害時の復旧は圧倒的にLPガスに軍配が上がります。光熱費だけでみれば電気は魅力です。住ま居るの省エネ住宅を建てられているお客様宅でエアコンのみのお宅は、だいたい7,000円くらいで全館暖房できていますから、計算は正しいと思います。 2015年2月 買電力量     2015年2月 発電力量       …

2015年1月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:39,722円 1月に入ると急激に発電量が増えます。嬉しい限りです。しかし、外部が氷点下になる季節ですので給湯に掛かる消費エネルギーが非常に増える月でもありま…

2014年12月太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:38,056円 2013年は40,835円でした。ここで2013年3月から1年間を通しての比較をしてみたいと思います。 発電力量 使用電力量 売電力量 売電額 …

2014年11月太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:30,203円 2013年は39,249円でした。10,000円も違うのは大きいですね。その年によって月ごとの日射量が大きく違うことに気づかされます。 消費電力が多い日は日産リーフの充電を行ったためです。(実際の生活を想定してリーフに充電することで消費電力量を増やしています) 昨年エアコンを一切使わずに生活し、扇風機で普通に過ごせることを実証しました。今年の夏は贅沢かもしれませんが熱中症とは無縁の環境作りということで家じゅう快適な、温度26℃、湿度60%前後を保ちました。10月に入りエアコンを入れる日がなくなりました。 2014年11月 電気総括   2014年11月 水道ガス総括 2014年11月 買電力量 …

2014年10月太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:34,674円 2013年は29,787円でした。5,000円も違うのは大きいですね。 消費電力が多い日は日産リーフの充電を行ったためです。(実際の生活を想定してリーフに充電することで消費電力量を増やしています) 昨年エアコンを一切使わずに生活し、扇風機で普通に過ごせることを実証しました。今年の夏は贅沢かもしれませんが熱中症とは無縁の環境作りということで家じゅう快適な、温度26℃、湿度60%前後を保ちました。10月に入りエアコンを入れる日がなくなりました。 2014年10月 電気総括   2014年10月 水道ガス総括 2014年10月 買電力量 …

2014年9月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:38,470円 まずまずの売電価格です。2013年は39,393円でした。 建物内部全体を25℃~27℃に保ち本当に快適な住宅を体感頂けます。消費電力が多い日は日産リーフの充電を行ったためです。(実際の生活を想定してリーフに充電することで消費電力量を増やしています) 昨年エアコンを一切使わずに生活し、扇風機で普通に過ごせることを実証しました。今年は贅沢かもしれませんが熱中症とは無縁の環境作りということで家じゅう快適な、温度26℃、湿度60%前後を保ちました。 その結果の消費電力UPですが、月間通して100kWh違いませんでした。100kWh/31日=3.22kWh/日×27円=86.94円/日。皆さんならどうするでしょうか? 多くの方が全館冷房を選ばれることと思います。この快適性を維持しても、光熱費大幅マイナスを実現するとは・・・・老後の所得不安がある方こそ最適かもしれません。 2014年9月 電気総括   2014年9月 水道ガス総括 2014年9月 買電力量 …

2014年8月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:33,185円 8月は小さなエアコン1台で全館連続冷房を行い、消費電力の推移を見ています。 目立った消費電力の増加は見られず、建物内部全体が25℃~27℃に保たれ本当に快適な住宅を体感頂けます。消費電力が多い日は日産リーフの充電を行ったためです。(実際の生活を想定してリーフに充電することで消費電力量を増やしています) 昨年エアコンを一切使わずに生活し、扇風機で普通に過ごせることを実証しました。今年は贅沢かもしれませんが熱中症とは無縁の環境作りということで家じゅう快適な、温度26℃、湿度60%前後を保ちました。 その結果の消費電力UPですが、月間通して100kWh違いませんでした。100kWh/31日=3.22kWh/日×27円=86.94円/日。皆さんならどうするでしょうか? 多くの方が全館冷房を選ばれることと思います。この快適性を維持しても、光熱費大幅マイナスを実現するとは・・・・老後の所得不安がある方こそ最適かもしれません。 2014年8月 電気総括   2014年8月 水道ガス総括 2014年8月 買電力量 …

2014年7月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:39,894円 昨年の夏は通風を活用して、心地よい家を演出しましたが、今年の夏は小さなエアコン1台で全館連続冷房を行い、消費電力の推移を見ています。 目立った消…