日本の家は寒すぎる

1月2月の平均気温を調べると東京はパリに仙台はニューヨークやベルリンと同じくらいとわかります。長野はプラハと青森はストックホルムと同じくらいです。何故日本の家が特に寒いのでしょう。
ある先生によると「日本には断熱の考えがなく、冬に寒いのは当然として我慢して暮らしてきたから」とのこと。
家庭一世帯当たりの年間エネルギー使用量を国別に比較した、住環境計画研究所のグラフを見ると、暖房用のエネルギーは欧米諸国が日本の4倍以上も、グラフにはないですがお隣韓国でも2倍以上使用しています。
「家全体を暖める欧米と、コタツなどで暖をとる日本の違いや、寒さは我慢するしかないと思っている人が多い」からだと先生は言います。「日本の家の暖房は省エネ以前の段階です。ヒートショックで2万名近くもなくなるなんて、もっと家を暖めないといけない」のです。
最近日本では高齢化も進み、家の中の温度差でおこる「ヒートショック」で亡くなる方がどんどん増えています。交通事故による死者数が年々減り5,000名を切る状況で、ヒートショック死される方は19,000名を超えているとも推計されています。
「今や日本の家は凶器ですらある」とある先生は言います。日本では省エネ住宅は、 「エネルギー」問題ではなく「健康問題」です。

世界最低レベルの日本の家の省エネ(断熱)性能

1970年代までは、日本の家も欧米の家もどちらもほぼ「無断熱」に近い建物でした。当時欧米の家で1年間に使う暖房・給湯エネルギー量は灯油換算で1㎡当たり20l(リットル)くらいでした。ところがオイルショックが起こり欧米はどんどん家の断熱化が進み、今では日本とは桁違いの断熱性能を有するまでになりました。1985年には、16l/㎡まで省エネ化が進み、88年には12l /㎡が義務化されたのです。2001年には9l /㎡、2009年には6l /㎡、再成エネルギー活用(太陽光・風力発電等)で実質4.8l /㎡まで性能値が厳しく設定されてきました。

東日本大震災後、日本でもようやくエネルギー使用のあり方から、住宅の省エネ化が求められ、ようやく2020年に一定の基準が設けられる予定です。ところがその最高の基準でさえ、欧米の1988年基準以下の低い性能値です。現在新築されている日本の家の6割以上が、その最低レベルの基準さえ満たしていません。日本全体でいえば、全住宅の95%以上が、その最低レベルの基準さえ満たしていないのです。現在の日本では、壁や窓などの断熱性能を、国が省エネルギー基準で地域別に規定しているものの、義務ではなく目安にすぎず、基準以下の方が圧倒的に多いのです。

省エネ化が進んだ欧米では、新築住宅の断熱義務基準が非常に厳しく、日本とは雲泥の差となっています。例えば、熱の多くは窓から逃げたり入ってくるのですが、窓の性能値である熱貫流率は、日本では2.33以下(低いほど高性能)を最高性能としていますが、欧米では1.3を超えるものは家には使用禁止となっています。日本の最高性能の窓は、ホームセンターで小屋(物置)用に叫き売られているほどです。隣国の中国・韓国もそこまで厳しくないものの、日本の基準よりは厳しいものです。
これから建てる家は小屋(物置)と同等ではいけません。

他の先進国の家は省エネで暖かい

欧米では昔からセントラルヒーティングが基本で、家中暖めるのが普通でした。日本は昔から局所暖房、居間(リビング)や寝室等、人がいる所だけ暖めるのが普通です。
日本では「我慢は美徳」、「暖房はもったいない」という意識が高く、家全体を暖めることはせず居間・リビング等局所のみ暖房するという習慣が根付いています。
方や欧米では、冬季室温は21℃が標準とされ、16℃を下回ると家主に改修命令が出ることもあり、欧米では刑務所でさえも暖かく、居住環境は人権問題という意識が高いのです。
そして欧米では、住宅の断熱化が進みセントラルヒーティングで家全体を暖めて快適に暮らしているにもかかわらず、そのエネルギー使用量は、寒くて凍え、我慢して少ししかつけない日本の暖房エネルギーと変らないどころか、少なくて済むまでになりました。今や先進国の家は、「エネルギー使用が少なくても家中暖かい」が基本です。
家の断熱化を進め、日本でも世界レベルの家を建てるべきと住ま居るは考えます。

夏を涼しくする世界レベルの家

行かれた事がある方はわかりますが、欧米と日本とでは気候が違います。東京とパリ、仙台とニューヨーク、ロンドンがほぼ同じ気温なのですが湿度は全然違うのです。日本の夏は高温多湿でジメジメと蒸し暑いのに対し、欧米の夏は気温が上がっても湿度が低いため、カラッとしていて、直射日光を避ければ涼しく過ごせます。ですから欧米ではとことん断熱性能にこだわり、壁の断熱材が30cm厚になるほど高断熱化を進められます。しかし日本では、蒸し暑い夏に、その断熱性能がかえってアダになり蓄熱してしまうので、埼玉には埼玉に適した断熱性能が求められます。北欧住宅のようにQ値ばかり追い求めた家が、夏はどうしようもなく暑いというのはよく聞く話です。
埼玉に適した世界レベルの住宅は、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。熱帯夜知らず、フトンから寒くて出られない昔の生活とは無縁の、「世界標準の健康住宅」を是非知ってください。

欧米では、家は燃費で選ぶ

EU各国では、家の売買や賃貸の際、室内を快適に保つ(冬季20℃)に必要なエネルギー消費量、つまり「家の燃費性能」の表示を義務付けています。欧米では車を購入する際に燃費性能を重視するように、家も燃費を考慮して選ぶのが当たり前なのです。日本では「高断熱・高気密住宅」とか「外断熱住宅」「高遮熱住宅」etc… ありますが、一体どれくらいの性能なのか比較できるような表示がされる事はありませんでした。それらを改め、車の燃費と同じように、どれくらいの性能なのかが一目で分かる数値化の仕組みができあがりつつあり、先進的な業者さんは取組みを始めています。家の性能を数値化してみると、今まで見えてこなかったものが浮かび上がってきます。プリウスだってアクアだって「低燃費」というだけではどれだけ低燃費なのかわかりません。○○Kw/l と表示されて始めて他車と比較ができるのです。日本では夏の冷房が必須ですので、室内を冬季20℃、夏季27℃を維持した場合の燃費性能を計算しています。
家の燃費は○○kWh/㎡ と表示されます。

住ま居るの家は圧倒的な低燃費住宅

住ま居るの家とハウスメーカーが言う高断熱住宅である2020年標準の低炭素基準の家と、一般的な新築住宅、東日本震災前に建てられた住宅の、光熱費と「家の燃費」の比較。家の燃費は数値が小さいほど高性能です。

あるお客様宅での試算。冬季20℃、夏季27℃の室温を維持するのに必要な消費エネルギー量を元に燃費を計算してあります。住ま居るの家とハウスメーカーの言う高断熱住宅(低炭素認定住宅)、一般的な新築と既存住宅の光熱費及び性能比較です。

プレミアム住宅の無料体感モデルハウス!

お子様連れでも安心してご見学できます。時間は10:00-18:00の間でご都合の良い時間帯で約1時間~2時間ご見学・体感頂けます。卓越した調湿性能で選別した自然素材の快適な住み心地のプレミアム住宅です。ブラックウォールナット・桧・杉・タイル・デニム畳の床材、床暖房、HEMS、V2H、青森ヒバ仕上げの浴室、全館冷暖房なのにエコで省エネな仕組みがご覧頂けます。

FreeDial:0120-953-450

携帯・PHSからもOK!受付時間 9:00~18:00