2015年7月 太陽光発電力量HEMS報告

売電収入:34,607円(発電量:932.7kWh、使用電力量:465.3kWh)

20150701


梅雨に入りました。経験上、今月若しくは10月・11月の秋雨の時期が一番発電量が減るときですね。
2013年7月の売電収入:42,113円(発電量:1077.2kWh、使用電力量:281.2kWh)
IMG_0569
2014年7月の売電収入:39,894円(発電量:1074.6kWh、使用電力量:294.6kWh)
20140715
今年は、昨年8月の全館冷房の経験から、7月10日から全館冷房しているので使用電力量をみて下さい。2014年と比較すると、170.7kWhの使用量増加。31日間なので、5.50kWh/日の増加。発電からの使用量が簡易計算で6.9kWh/月(0.23kWh/日、太陽光発電からの使用量含まず)ということで、後は夜間電力分が増加したとして163.8kWh/月(5.29kWh)。電気料金で考えると、6.9✕28.38円/kWh+163.8✕12.59円/kWh=2,259円/月。

全館冷房して、月2,259円の電気代なら “あり” ではないでしょうか

しかし発電量は今年は少ないですね。

2015年7月 電気総括

20150701

2015年6月 水道・ガス総括

20150702

2015年7月 買電力量

20150703

20150704

2015年7月 発電力量

20150705

20150706

20150707

2015年7月 売電力量

20150708

20150709

2015年7月 使用電力量

20150710

20150711

20150712

2015年7月 水道使用量

20150713

20150714

2015年7月 ガス使用量

20150715

20150716

来月8月も、全館冷房のレポートです。夏が暑くない、冬が寒くない、「結露しない家」は、普通の日本の新築住宅とは次元の違う快適さを実現し、かつ光熱費が普通の新築住宅の半分以下という、ありえないような性能差があります。世界レベルの断熱性能に日本の夏に対応した遮熱の技術と日射遮蔽により低燃費で異次元の快適な生活が手に入ります。体感できますので是非暑い最中にご来場下さい。