201512270744

長期優良住宅化リフォームの補助金を受けて、省エネ効果を高めるため規定以上にたくさん行った省エネ改修工事。 新築住宅でもまだまだ普及していない、2020年には義務化の予定の、北海道地域の次世代省エネ基準以上の断熱性能。今では平成25年基準といっていますが、つまりは低炭素に生活できる高断熱住宅のこと。 その基準値を北海道レベルの性能値以上に高め、さらに埼玉の夏に対応させる工夫を盛り込んだのが、住ま居るの「結露しない家」。リフォームではとっても難しいのですがその性能に近い形まで高めました。 夏の成果については、「全館冷房・省エネリフォームのススメ」をご覧下さい。 11月末から24時間全館暖房(LDの床暖房のみで全館暖房)にしました。12月中の電気料金の請求がきましたので、ご報告を致します。
リフォーム前

リフォーム前

リフォーム前は、LDKはガスファンヒーター、寒いときはそれに灯油ヒーターを加えて、寝室での着替え前、食事中に部屋を暖める作戦で灯油ヒーターを30分ほどつけ(それでもとても寒かったです)ヒーターの前で着替えする日本の当たり前の冬を過ごし、トイレには即効力のあるカーボンヒーターを設置して生活していました。部屋自体はもちろん、ヒーターをつけないお風呂前の脱衣室やお風呂自体がとっても寒かったのを覚えています。それこそ我慢が当たり前、家は寒くて当たり前の環境でした。朝起きたとき、リビングのガスファンヒーターの室温計が、寒いと4℃くらいが日常でした。 省エネ・断熱・気密・遮熱・換気、ヒートポンプ式温水床暖房リフォーム後、24時間床暖房をつけっぱなしにする生活に変わりました。実験も兼ねているので、光熱費の上昇が気になるところです。

リフォーム後

リフォーム後

まず生活環境から。1Fの床暖房だけなのに、小屋裏までなんとかパジャマだけでしのげるくらいの暖かさが保てています。リフォーム前はガスヒーターをつけているのに”はんてん”を羽織る生活でしたが、今は全然不要です。 びっくりするのは、無暖房の寝室が、家族三人で川の字になって寝ている環境で、寒い朝で起きたとき だいたい 室温16℃・湿度50%となっていて、部屋干ししているからでしょうが、湿度が高いので、ぜんぜん寒くなく、子どもなどは、布団を剥いで転がって汗をかいて寝る始末。当然、のども痛くならないし、ほっかほかの布団が暑いくらいで、大人も明け方は汗をかくくらい暖かいです。 LDKの温度計は朝も夜も室温18℃、湿度45%くらいをだいたい示しています。リフォーム前はガスヒーターの設定温度が25℃でしたが、頭暖足寒のためヒーター前だけ無性に暑く、部屋の隅はとっても寒い状態でした。省エネ・高気密高断熱リフォームと高効率温水床暖房の組みあわせでは、部屋中が一定室温と湿度なので、頭寒足暖となり、室温以上に暖かく感じます。トイレや洗面脱衣室、お風呂は暖房していませんが寒くなく、トイレに30分以上薄着で普通にいられるくらいの暖かさはあります。 リフォーム前、妻や子どもは分厚い靴下をはいて、湯たんぽを用意して布団に入っていましたが、今は全く不要です。部屋にいるときもみんな靴下を脱いで裸足でいます。 珪藻土の内装仕上げがいいのか、部屋が乾燥せず、寒さが苦手の妻が、肌つやもよく、子ども同様乾燥肌に悩まされていないのが嬉しい限りです。 少しお金を出してでも、おしゃれさよりも健康性能を重視して良かったとしみじみ実感しているようです。 それでは、光熱費を発表します。

リフォーム前、昨年2014年12月の光熱費

電気使用量:603kWh(電気自動車の充電を除くと、363kWh) ・ 電気料金:19,325円 ガス使用量:39.8㎥ ・ ガス料金:19,307円 合計金額とエネルギー量に換算すると・・・ 合計:38,632円 ・ エネルギー量:6,310MJ

リフォーム後、昨年2015年12月の光熱費

電気使用量:713kWh(電気自動車の充電を除くと、473kWh) ・ 電気料金:12,134円 電気の料金メニューを変えたので電気代がだいぶ安くなりましたね。 ガス使用量:19.1㎥ ・ ガス料金:7,646円 合計:19,780円 ・ エネルギー量:4,553MJ 省エネリフォーム後、太陽光の売電集がありますので、その売電収入 売電量:703kWh ・ 売電額:24,295円 (※灯油代は省いていますので実際はもっと差が開いています) すごいですね!驚きのご報告です。