2020年(平成32年)法令大改正-省エネが基本に

もう20年が経過した阪神淡路大震災

もう20年が経過した阪神淡路大震災

建築法令の歴史

日本の建築法令は耐震の歴史、地震の歴史とも言われています。戦後の焼け野原からの復興を目指し、資材難、住宅難から急場しのぎの簡易工法として「在来構法」が登上しました。伝統工法と大工技能的には共通性があるものの構造システムとしては別モノです。
taisin


そんな中、昭和23年に福井地震が起きたのを契機に昭和25年建築基準法が制定され、震度5強で倒壊しない基準がコストと耐震性のバランスとして採用されました。そして昭和53年に宮城県沖地震を機に昭和56年に現行制度とほぼ同じ新耐震基準が制定されました。これは震度6強~7でも倒壊しない基準です。平成7年(1995年)には阪神淡路大震災が発災したものの新耐震基準で建てられた建物は倒壊しなかった事から、現在の耐震の基準ともなっています。そして平成9年には欠陥住宅問題が社会問題化し、2000年に住宅性能の規定化が成され、耐震基準についても一段と強化されました。そして住宅の品質確保促進法が制定され性能表示制度が始まりました。ここに至り、勘と経験の世界(大工の世界)からエンジニアリング(設計の世界)へ変わり、一定の性能を持ったものが、短期に安価で誰でも造れるようになり、パワービルダーが出てきました。
新耐震基準の前の建物

新耐震基準の前の建物

平成17年(2005年)には耐震偽装問題の姉歯事件が露見し、平成20年(2008年)に住宅瑕疵担保履行法が制定され、建築基準法、建築士法が大改正されました。これにて建物に保証が付いた。「ハコ」としての在来構法の完成となりました。平成21年(2009年)には何をもって優良な住宅なのかの基準が明確化された長期優良住宅の普及促進法が制定されました。そして平成23年(2011年)に東日本大震災が発災し、エネルギー問題の解決へと基準が移行されつつあります。

福島第一原発事故

福島第一原発事故

それが、今まで目安であった省エネ基準、昭和55年基準(旧省エネ基準) 、H5年基準(新省エネ基準)、H11年の次世代省エネ基準を全て廃止し、新たに低炭素認定基準(H25改正省エネ基準)が制定され2020年(平成32年)に標準化される予定です。2030年にはZEH(ゼッチ・ゼロエネルギーハウス:住宅で使うエネルギーと創るエネルギーがプラスマイナスゼロ以上)が義務化される大改正が予定されています。


省エネ基準 改正されても最低レベル

寒すぎる普通の日本の家

寒すぎる普通の日本の家

ドイツの標準的な家の室温

2020年、2030年に法令が改正され、省エネ住宅が義務化されても、世界からみたら最低レベルにも満たない、全く省エネではない基準なんです。EUの1988年基準にも満たない甘い基準です。現在のEUの基準と認定低炭素基準(2030年義務化)の差はおよそ5.7倍、EUは常に厳格化しているので2030年には更なる性能が求められている事でしょう。

日本の高断熱住宅と言われる建物は、EU諸国の最低性能の家より低レベル

日本の高断熱住宅と言われる建物は、EU諸国の最低性能の家より低レベル

2010年にドイツで行われたパッシブハウスカンファレンスにて日本の次世代省エネルギー基準の値を発表したら会場から笑いが起こりました。さらに、この基準が義務ではなく努力目標であり、住宅の30%以下しか達成出来ていない事を発言したら会場から失笑を買ったのです。まさに裸の王様といった日本の省エネ住宅基準。これから家を建てる方は2020年基準は最低でもクリアすべきで、住宅の価格が日本と欧米とでは同じくらいなのだから、できる限り世界レベルの基準も満たすべきと住ま居るは考えます。


今の普通と2020年の普通

新耐震基準の移行時期

新耐震基準の移行時期

新耐震基準が施行された昭和56年(1981年)。それまでほぼ全ての建築業者が義務づけされている昭和56年標準の耐震基準を満たさずに家を建てていました。昭和55年までの震度5強~6で倒壊しないレベルの建物です。昭和56年基準では震度6強~7で倒壊しないレベルと引き上げられました。ほんの少ししか変わっていない様に感じられますが、阪神淡路の大震災を経て、その性能差は著しく、現在では新耐震基準を満たさない昭和56年以前の建物は売買しても買い主のローン(融資)がおりず、家質売買のできない、資産価値のないものとなっています。ですから法会の大改正が予定されている2020年基準の省エネレベルをクリアしないと少し先の将来でさえ、中古住宅としての売買価値のない家となってしまう可能性が大きいのです。現在の基準の前の次世代省エネ基準でさえ、新築住宅全体の4割にも満たない現状は私たち建築業界の体質なのかもしれません。この文を読まれたら、業者さんが何を言おうとも、最低レベルでも、2020年の普通の基準をクリアして下さい。不動産業者として、耐震基準に泣く売り主・買い主を多数見てきたことから、売買の際に取引の場に立つ者としてのせめてものお願いです。

普通の建築業者さんは断熱について「そこまでしなくていい」と口を揃えて言います。昭和55年、耐震基準についての時と同じように。住ま居るは言います。2020年基準なんて世界で笑われるほどの最低基準です。グローバルな時代に、世界レベルの省エネ性能の家はもはや当たり前です。


button01button02button03button04button05button09button06button07button08