高性能花粉フィルター

ventilation02

花粉を99.8%、ダストを95.0%カット

屋外の空気を取り込む給気口に高性能花粉フィルターを取り付けることでPM2.5はもちろん、花粉やダストをカットし、新鮮な空気だけ室内に取り込みます。

春も秋も窓が開けられない

今や日本人の約6人に一人といわれる花粉症。春先にはスギ、ヒノキ、秋はブタクサなどが花粉症を引き起こしています。
また、秋はダニなどハウスダストによるアレルギーも増える季節です。夏に繁殖したダニの死骸や排泄物が家の中にたまる時期とも重なり、花粉症の人の多くはハウスダストにもアレルギー反応を起こすといわれています。

花粉除去率99.8%

高性能花粉フィルターで花粉を99.8%除去してから室内に新鮮な空気を入れます。また、ダニやホコリなどのアレルゲン物質は足元の高さ30cmにほとんどが集まると言われています。それらを床面に設置された室内排気口から確実に除去します。
ventilation04

温度のバリアフリー

ventilation05


バリアフリー住宅と言っても、今や階段の手摺や段差無しは常識です。これからはそれに加えて部屋と廊下、トイレの温度差が無い住宅こそ本物のバリアフリーです。

提案するのは見えない「熱」と「空気」です!

地中熱を活用した換気システムのメリット

ventilation03

真冬のトイレ・洗面脱衣室も暖か、真夏のトイレ・脱衣室もひんやり

冬の乾燥し冷えた外気を床下の換気システムで熱交換および加湿させ、床下地中熱で保温された空気を室内へ取込、リビング等で暖めると空気の流れで全館に行き渡り快適な暖かさとなります。トイレ・脱衣室にまでも暖かい空気が吸い込まれます。
ventilation06


ventilation07

日本の気候に適した全熱交換型第1種換気システム

ventilation08


日本の気候は温暖湿潤気候に属し、冬は寒くて湿度が低く、加温と加湿が必要です。夏は暑くて湿度が高く、冷房と除湿が必要です。このため熱と湿気を交換する全熱交換型換気システムが適しています。
一方で欧州の気候は西岸海洋性気候に属し、冬は寒いが湿度は高いので暖房のみで良く、夏は暑いが湿度が低いのでエアコンが不要です。換気は冬の排気から熱のみ回収する顕熱交換型換気システムが適しています。

換気によって新鮮な外気を室内に取り込めますが、冷暖房時には適温となった室内空気を捨てることになります。熱交換型換気システムは、換気によって逃げる熱エネルギーを回収し、外気と交換することで室内温度への影響とエネルギーロスを減らすことが出来ます。

ventilation09

ほこりがたまりにくい

およそ10時間ぐらいでフロアーに落ちるハウスダストが、空気の流れで室内排気口のフィルタで除去されます。その結果ホコリが窓際やテーブル、カウンターにたまりにくくなります。