, , , ,

自然素材の家のつくりかた

自然素材で仕上げれば「健康住宅」 の誤り 住宅で多用されるようになった合板や壁紙等に大量に使われる揮発性の化学物質(主に接着剤)が原因とされるシックハウス問題が社会問題化した頃から、それらを使わない昔ながらの家づくり、自然素材による家づくりがもてはやされました。 弊社の地元(鶴ヶ島市・坂戸市等川越エリア)ではどこもやっていなかった「自然素材による注文住宅」にいち早く取組み、10年もすると続々と自然素材を謳う業者さんが地元にも増えました。当時「健康住宅」として自然素材を売りにしているときは全く疑っていませんでしたが、他社も自然素材による家づくりに取組み始めた頃、これが本当に「健康住宅なのか?」と疑問も抱くようになっていたのです。 それは何故か? 真夏、汗だくになるトイレ。汗だくで眠りも浅い。真冬、凍えるほどに寒く布団から出るのが辛い部屋。肌や唇は乾燥するし、足も痙る。静電気もひどい。健康とはほど遠い環境のような気がしたのです。暑すぎる・・・寒すぎる・・・ 暑すぎて、寒すぎて、ヒートショックや熱中症で死者が出るような家が果たして「健康住宅」なのか?日本の家づくり、自分たち自身の家づくりに疑問があったのです。 日本の普通の家は、自然素材で造るだけでは決して「健康住宅」にはならないことに気づいたのです。   暑さ寒さのない家:健康住宅の大前提 シックハウスのような、健康被害をもたらす建材の使用をしないのが大前提です。「厚さ・寒さのない家」、冬場15°を下回らない室内温度、夏場28°を越えない室内温度、これも健康住宅の大前提です。 今でこそ様々なパイプがつながり、世界の国々の住宅事情や様々な情報が入るようになりました。イギリスでは冬に19°を下回る賃貸の物件では「改修命令」が出るそうです。 暑さ・寒さから解放されたら、次に自然素材による内装仕上げとするのが正しい「健康住宅のつくり方」だと思います。自然素材には数多くのメリットがあり、デメリットとの差引を加味しても可能ならできる限り自然素材の内装仕上げをすると、信じられないくらい快適に、今までの健康状態まで改善する程の効果が期待できます。   「暑さ・寒さのない家」ができたら自然素材の内装がオススメ 内装仕上こそ、生活する家族の肌が直接触れ空気も直接触れるもの。呼吸を通して身体に取り込まれる空気は1日で20kg、お弁当のタッパーの中に少しでも薬品が入っていたら、その臭いでお弁当は全部食べられなくなるでしょう。今の普通の家は化学薬品だらけです。しかも気密性が高い、これって危険だと思いませんか? …
, , ,

築23年の家を補助金を受けて長期優良住宅化リフォーム

100年3世代以上もつ家へ 親子間売買で10年ほど前に購入した家を大規模リフォームして、2030年標準のZEH(ぜっち:ぜろえねるぎーはうす)の基準を大幅にクリアする、世界レベルの断熱性と省エネ性、そして自然素材の内装仕上げとしました。築23年の住宅なのに、近隣で新築されているどの住宅よりも省エネ性・高断熱・高気密・高効率に優れた家への大変身です。しかも大規模太陽光発電設備(10.2kWh)を搭載し、エネルギーストレスフリーの先進的な家にもなっています。 …